Web化対応

  1. 画面定義→HTML変換
  2. キャラクタ・ユーザー・インターフェースからWebインターフェース切り替えのご提案
  3. IBMi(AS/400)画面定義体コンバージョン・サービスと
    WEBAPIの機能強化
  4. Web印刷